お問い合わせ

キッチンリフォームの流れやメリットについて

キッチンリフォームの流れやメリットについて

 

家の中の設備の中でもキッチンは非常に重要なものではないでしょうか。

家のリフォームをするとなった場合に、選択肢の多さや使い勝手などを考えるとなかなか決めることが難しい部分でもあります。

今回はそんなキッチンのリフォームについて、メリットや種類、リフォームの流れなどをご紹介いたします。

リフォームするメリットや種類

基本的に生活の中でキッチンを使わないということはないはずですので、家の中の設備としては重要なものとなります。
何十年も前に建てた家やマンションであれば、その当時としては最新式のキッチン設備であったとしても、
近年ではIHタイプが主流であるなど、さらなる進化を遂げております。
そのためリフォームする価値は大いにあるといえるでしょう。
動線が考えられていたり収納が十分に備わっていたりするなど、
キッチンの使い勝手が高ければ高いほど料理も気軽にできるようになりますし、普段から料理をすることによって健康にも繋がります。

普段あまり意識することはないかと思いますが、キッチンにもいくつかの種類が存在しています。
どれも特徴的ですので、リフォームする場合にはどのような使い方をしたいのかを明確にした上で選びましょう。
キッチンの種類は以下のとおりです。

I型キッチン

コンロと調理台とシンクが横一列に並んでいるのが特徴で、日本で最もよく見られるシンプルかつオーソドックスなキッチンです。
壁面に沿ってつくられ、コンパクトですのでスペースをあまりとりませんし、調理の際も無駄のない動きが出来ます。

対面型キッチン

リビング側に向かって設置されており、向かい合う形になりますので家族とも会話がはずみやすいキッチンです。
近年では定番となりつつあり、I型キッチンに比べて見通しが良いという特徴があります。
若干スペースを取るものの、開放感もあるためとても人気があります。

L型キッチン

壁の1面または2面を使用してその名の通りL字型に配置されるキッチンです。
I型キッチンの倍近いスペースがありますので、調理の際の動線が効率的に確保されており、複数人で調理をする場合にはとてもおすすめです。

アイランド型キッチン

その名の通り島のように独立しているため、壁との接点がないタイプのキッチンです。
なんといっても開放感に溢れており、大人数で調理などを行うにはぴったりです。
また見た目も他のキッチンに比べてスタイリッシュで、ダイニングテーブルの配置などキッチンスペースの空間設計の幅が広いことも特徴です。

リフォームの流れ

キッチンのリフォームを行う場合の流れですが、まずはキッチンの選定から始まります。
リフォーム前である現在の状態を踏まえた上で、どのタイプであれば設置が可能かというところから好みのものを選択することになるのです。
家の構造によっては選択肢が限られてしまう可能性もありますが、可否についてはプロに相談してみると良いでしょう。

問題なく設置できるキッチンの種類が決まったら、現在のキッチンを取り外す作業が始まります。
床などに傷がつかないようにしっかりと養生をした上でキッチンを撤去し、新しいキッチンを取り付けるための水道管や電気工事を済ませます。
キッチンのリフォームでは新しいキッチンを取り付けるための作業がメインといえるでしょう。

事前準備が完了したら、新しいキッチンの納品と取り付けとなります。
新しいキッチン本体の取り付けが完了後、準備を整えた上で最後におこなうのが天井のクロス張りです。
ガスコンロからIHに変わった場合には簡単に操作説明もしてもらうことになります。

リフォームの相場価格

キッチンにリフォームをする際の相場価格ですが、どの程度の工事になるかによって異なります。
コンロや換気扇、食洗機などの設備を交換する程度であれば30万以内にはおさまるでしょう。
また、ワンルームの物件でよくあるミニキッチン対応であればまるごと入れ替えたとしても50万円前後が相場価格です。

キッチン全体を交換するとなると、50〜150万円ほどが相場価格となります。
金額の振り幅が100万円近くあるのは、先述のキッチンタイプの中でどれを選択するのかによってであったり、
キッチン設備のグレードなどによって変わったりするためです。

さらにキッチンの場所を変えることや、規模の大きな配管工事が必要となるような内容の場合には、相場価格としては200万円前後となります。
例えばキッチンを1階から2階へ移動するというような場合が該当するのですが、そこまでの規模になると250万円ほどになる可能性もあります。

その他にも特注品や高級品を使用する場合には費用が高くなる傾向にありますので、
実際に発生する費用に関しては依頼先となるリフォーム会社に事前にしっかりと確認をするようにしましょう。

リフォームの注意点

リフォームするとなった場合にいくつかの注意点があります。

1つ目ですが、リフォームとなるとついつい設備を豪華にと考えてしまう傾向にありますが、
実際にリフォーム後に使用するかどうかを考えた上で設備を決めるようにしましょう。
食洗機と床下収納はリフォーム後にあまり使用しないものの定番といえる設備ですので、
普段使用するのであればもちろんあるに越したことはありませんが、なくても問題がないようでしたら除外しても良いかもしれません。

もう一つは「リフォーム後のレイアウトを考えた上で決める」ということです。
キッチンのことだけをメインで考えてしまうと起きてしまうのですが、
完成後になって理想の位置にゴミ箱を置くと邪魔になってしまったり、もともとあった食器棚を設置できなくなったりということも少なくありません。
そのため具体的に完成後の家具の配置まで考えておくといいでしょう。

まとめ

キッチンリフォームの流れやメリットについて

 

キッチンをリフォームすることで室内の印象はガラッと変わりますので、
悔いのないように実用性も考えながら種類を選定してみてはいかがでしょうか。

「有限会社 下里住設店」では施工から管理までをまとめて対応をしており、水回りのリフォーム工事を得意としておりますので、
キッチンのリフォームをご検討されているということであればお気軽にまずはご相談ください

 

2021年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031